退職後の三つの進路

退職に至る事情は人によって異なる。どのような事情で辞めるにしても、退職後の予定を明確に決めておくことは重要である。しかし、辞める人の全てが退職後の予定を明確に立てているわけではない。様々な理由で予定を立てる余裕がないこともある。その場合、せめて次の心構えを持っておくと安心できる。

辞めた後の進路は大きく分けると三種類に分けられる。一つ目は職業訓練を行う方法だ。この場合は働くことを一旦中断することになる。
二つ目はすぐに再就職する方法だ。一般的にはハローワークに登録して就職活動を行う。就職活動が長引いた場合は失業保険を受給しながら活動することになる。仕事を効率的に探すには、ハローワークだけでは足りないことがある。その場合は転職サイトを併用すると良い。インターネット上には多数の転職サイトがある。一つの職種のみを紹介するサイトもあれば、多数の職種を紹介するサイトもある。チャンスを広げるために、できるだけ多くの転職サイトに登録しておいた方がよいといえる。
三つめの選択肢として、独立する方法がある。独立するのは難易度が高く感じられるが、実はそれほど難しいことではない。形式的には、税務署に開業届を提出するだけでよいのである。もちろん、事業内容についてしっかり計画を立てて遂行する必要があるが、脱サラをして挑戦する人が増えている。独立は難しいと決めつけずに検討してみる価値はある。このような三つの選択肢があることを心構えとして胸に刻んでおけば、いざ退職するとなった時も焦らずに済む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です